ヒアロディープパッチは解約前提で?お試しする場合は返品・返金保証付きが〇

他社のマイクロニードルと比較してみて【返金保証の条件も併せてチェック】

いままで類似品や、他会社のマイクロニードル製品のダーマフィラーやナビジョン(資生堂)にも興味は出ていましたが、今度はヒアロディープパッチに注目しました。
どうやら、初回のみですがお試し定期コースを選ぶ事で初月からでも解約可能な事と、15日以上から利用できる全額返金・返品保証が付く事から、これならお試ししてもよいかも?と感じました。
目の下のたるみは気になっていますが、もちろん目のクマ(黒くま)、別の部位ではほうれい線、眉間の乾燥小じわなども気になっています。
ネットの口コミ・感想ではなかなか高い評価を得ていますし、持続性と安全性から注目を浴びているマイクロニードル、それがヒアロディープパッチです。

効果なしや副作用(痛い・かゆい・かぶれ)などの危険性は…

部位ごとに効果あり・効果なしの差はあれど、アットコスメなどでは★5.1以上の高い評判を持っていますし、副作用のリスクも低い事から安心して使いやすい化粧品です。
ヒアロディープパッチの製造元は、北の快適工房(北の達人コーポレーション)という会社で、芸能人もご用達の人気化粧品を数々生み出している上場企業の大手会社です。
そんな会社だからこその安心感もありますし、今の所SNSなども含めた口コミ情報を見る限りでは、効果なし、副作用である痛みを感じる、かゆみを感じる、かぶれるなどの報告は少しありますが、ほとんどの方が異常を感じずに利用できています。

使ってみたいけど…【値段に見合う?モニターできたら…】

使ってみたい気持ちはありますが、まず値段に見合うだけの価値があるのか、北の快適工房が実施したという大規模モニターの数的に安全性がほんとうに確保できているか気になるところです。
使用方法としては、一週間に1回、月に4回という使用頻度で、期間はやく1カ月といった所。
そう考えると料金的には悪くないかもしれませんね。
ヒアロディープパッチは、本数が片方でなんと750本もあり、1本1本がとても細かいニードル状で、成分はヒアルロン酸をはじめとする保湿成分なので、安全に使えるというのも大きなメリット♪
普通の化粧品なら届かない角質層までじっくりと届けてくれますし、ここは偽物のなんちゃってマイクロニードルとの大きな違いですね。
下手な美容外科の注射治療よりは確実に安心ですし、写真など見ても実際に保湿効果を感じて、目元の弾力の違いを実感して喜ぶ方も多くみかけられます。

メルカリ?市販中?ドンキホーテで購入しようと思ったら…!

ヒアロディープパッチを調べると、ブログなどの体験レビューですと、メルカリやヤフオク、ラクマなどの個人でも売り買いできる販売店もあるというウワサがあります。ログインしてチェックすると、確かにヒアロディープパッチが販売されているのを見かけました。
説明欄を見ると、新品もあれば中古品もあり、残念ながら使用方法や使用期限などの説明はありませんでした。
公式サイトとは違うので、さすがに説明不足が目立ち、写真もボヤけていて見づらいですし、そもそも公式販売店じゃないので返品・返金保証が付かないのは大きなデメリットです…!
ちなみに、市販されていないという情報はすでに見ていて、ドンキホーテを始めとする市販店にはどこも置いていないので、誤解のないようお願いします。

使い方(何時間?使用前 使用後について)で変わる?

説明書を見る限り、ヒアロディープパッチの使い方は化粧水→美容液などを終えてから、最後に使うのが正しい使い方です。
パッケージの裏を見ると、販売元は北の快適工房、製造元はまた違う会社のようです。
貼る場所ですが、目から少なくとも3mm以上離して貼るのが〇です。
目は皮膚が薄い部分ですので、ここは絶対に守るべきポイントです。
唇に使えるか気にする方もいますが、普通に考えて唇のような場所はぜんぜん大丈夫じゃない部位ですので、利用はやめておきましょう。
最後に、正しい使い方としては、何時間や使用後の決まりはとくにありません。
ただ、浸透させるのに約5時間ほどかかるという点から、睡眠前に貼って15分以上してから寝るのがおすすめです。
これは、目の下のたるみにしてもゴルゴ線にしても同じです。
インスタなどでも貼っている方の写真を見る限り、そういったポイントを守って正しい使い方を皆さん心がけていますよ。
チクチクしないように、副作用が起きないようにせめて使い方には注意しましょう。